LOHAS Life〜身体は答えを知っている 〜

種取物語 あまつち ふぁ~む  身体の答えを聞く【キネシオロジー】種 健康 癒 食 気 旅 環境。。。。

高天原伝説地 岡山県真庭市蒜山(ひるぜん)高原2

つづき。。。 
ありました~鉄くず落ちてた。。。。何百年放置されてるんだ?  
日本一の石の鳥居が作れたのも
鉄の道具の質が良かったから!
鍛冶屋って地名も伊達じゃないわ〜

温泉あったから 快適だったのか! 
昭和初期まで家を持たない人々(サンガ)が居たって 
写真は蒜山の竪穴式住居 再現 

f:id:amatuchi:20191024181400j:plain

 
大和朝廷が、岡山県に住んでた製鉄技術者の
西洋(中国大陸西側は西洋風貌)を殺害して
武器を奪おうとした話 って言われてる
 
岡山県は鉄国だったらしい……
 
中国山地たたら製鉄での砂鉄や炭・鉄は牛馬で運搬。良い牛の育成の為古くから牛の品種改良が行われ、新見市が発祥とされる日本最古の蔓牛(系統牛)黒毛和種で、和牛のルーツといわれている。
鉄砲
戦国時代から江戸時代まで鉄砲の生産地として栄え、鉄はほとんどが中国山地から供給、たたら製鉄は日本の鉄砲文化を支えた

たたら製鉄と環境破壊

たたら製鉄は大量の木炭を燃料として、樹木が伐採された 
(山陰には巨木があったとされ、
出雲大社建材になった模様、巨木跡も見られる)

禿げ山となった(観光地箱根も はげ山写真がある)が珍しくなかった。
砂鉄採掘・選別で丘陵が掘り崩され、山間部の渓流などに土砂が流れ下流に大きな影響を与えたと推測される。
たたら製鉄中心地であった山陰では、25年~30年のサイクルで木材の計画的な伐採が行われ、持続可能な山が守られていた。

 
⦿蒜山の土
黒ボクと呼ばれる真っ黒な土が特徴
噴煙だと聞いてたけど、草原を長期間焼いてきた結果なら
今野焼きしてないから、無くなるって事か………😟
ダムが出来て、植林して 国の政策で
持続可能じゃなくなった………😭
 
あの厚さの土、、、何年焼いてたんだ?
今、日本一の草原の阿蘇
そんなに深く黒い土はないと思うんだけど。。
TAMAは現在 阿蘇在住だ!
 
⦿【JAPAN】と呼ばれる漆器
漆器珪藻土が必要、国内の大産地は 蒜山能登
他の産地
北海道 日本になって100年と少し
アイヌ王国なので、日本の古代とは無関係
 
大分県は、漆器制作始まったのが
江戸時代末期と言われてるので
祭礼に漆器は利用されてない模様
古代から蒜山で作られていた?
かぶれる人が多いのか、漆を見つける人が多くてびっくりした
山が漆だらけ~~私にはまったく見えん。。。。 
 
神事には漆器が必要だよね

f:id:amatuchi:20200327174327j:plain

f:id:amatuchi:20200327174306j:plain

長田神社 お田植祭 毎年5月5日 の漆器
 
 
⦿センって呼び方
蒜山 ひるぜんって呼ばれてますが、
中学校の先生は
【ひるせん って正しく発音してください】
と言い続けてたな~
「山」は、「やま」「サン」「ザン」と読むのが一般的。
「サン」は漢音。霊山と言われる信仰の山に使われることが多い
【セン】は呉音。古く伝来し、仏教関係の語に多い漢字の音で、
深い歴史を物語る象徴的な読み方でもあるそうです。
須弥山(しゅみせん)ってご存じ?
古代インド世界観の中心、世界軸としての聖山
アジアの宗教感のベースになってる霊峰が【セン】の付く山
「山」を「セン」と読むは国内で70ほど、
多くが鳥取県岡山県北部、そして島根県
いつか、【山をゼンと呼ぶ、日本で一つの場所】って言われてそう。。。
 「日留山が高天原」の日留山(ひるせん)が、
大和言葉であって正しいらしい 古事記に ヒルって言葉出てくる)
ヒルガ神社(中蒜山中腹)の祭りは ヲシテ文字の祝詞 
 
・タカナ神(雨冠に龍 でタカナ)f:id:amatuchi:20210428111754j:plain
クラタカナ神(倉タカナ)
・級長津彦(シナツヒコ)神
・級長津姫(シナツヒメ)命
・水分神(ミズワケ)
・日留仙主(ひるせんぬし)神
の8神が祀られてる
祭事していただいてありがとうございます
家ではもう、やってない。。。
戦前は春と秋に
盛大なお祭り開催してたらしい 
 
八神 八束村 ヤマタノオロチ  ヲシテ文字と八角枠(フトマニ八角枠の手ぬぐいできた)何かつながってる気がする~ 
 
⦿核DNA解析でたどる 日本人の源流
読み飛ばした、、、鳥取県沖縄県人のDNAが特徴的らしい
 
以下転記スサノオが出雲を支配したのではないか。
イズモの中心はオウの地域だったという。
オウ(意宇)の近くにネウ(根雨)を見つけた。
母音2音から構成されるが、日本語の地名としては珍しい】本書最終より
蒜山からおりたら、根雨なので興味深い  
 
高天原 蒜山(たかまがはら ひるぜん) 
「天照教」の一族……高僧になるらしい
(すいません、読んでません。。。)
漫画家さんは、メッセンジャーかもしれません  
 
⦿がま 因幡の白兎 伝説の【がま】
蒜山では今も ガマ細工が制作されてます
ガマの穂 は皮膚薬に適してるらしく、伝説通り
 
話に ワニ が出てきますが、日本にはワニは居ない。。。
母曰く
【サメをワニって言ってた。日本海側で取れたのを売りに来てた@蒜山
と サメって美味しいの?  
 
⦿ 菽  豆の意味のシュク 
種であり、食べ物、女性器の意味もあり命の源 の文字
蒜山 の 蒜 に似てるな~ って思った 
蒜山 ヒルセン  って読める人少ないと思う
大山 ダイセン  です  
私が子供の時はよく、陸の孤島になってた。。。
山が崩れて往来ができなくなり、半月は自給できるよう
備蓄が沢山ありました 
母は新米食べてたのは、初夏って言ってる
半年分は備蓄してたらしい
親せき、近隣を守る、本家の役割だった模様
 
あまつちふぁ~む 蒜山大豆
大豆収穫祭を蒜山で開催
f:id:amatuchi:20210407135038j:plain