LOHAS Life〜身体は答えを知っている 〜

種取物語 あまつち ふぁ~む  身体の答えを聞く【キネシオロジー】種 健康 癒 食 気 旅 環境。。。。

映画「さとにきたらええやん」

1月14日  茅ヶ崎にて上映
https://www.facebook.com/events/1802131223367970/


私はこの映画の近所で育ったので
驚かないのですが
知らない方々見ると
「これ、日本?」ってなるそうです
はい、日本の現実です

生活保護が自己責任と思う方が多いのは
この現状を知らない

貧困地帯で育った子が
その地域から抜け出せる方法は少ない

今まで二人だけ、この近隣から
関東に引っ越せた人の話を聞いた

中学校のトイレには扉がなく
学校の窓ガラスもない中、真冬に授業を受けてた方々

一人は親から
「ここから出たければに死ぬ気で勉強しろ」と言われ
もう一人の方は
「ここから出るには、国立大学に行くしかない」と
必死で勉強したそうです

二人とも
「二度とあそこには帰らない」
もちろん私も

数駅離れた私の故郷でも
こちらから見ると、大して変わらず
学校では

よく聞いてたな~
親が借金作って、高校生のお姉ちゃん連れて行かれた~とか
半月親が返ってこない(子供小学生)なんて「へーーー」って程度
年中タンクトップに短パン(破れてボロボロ)
学校に給食食べに来てる、授業中はずーーと寝てる
(学校言ってない期間があり勉強わからんから)

で、ついていけない子は見捨てていく学校
分数がわからない子が、その後の算数がわかるはずもなく
高校進学も難しく、貧困連鎖。。。

その中でもたくましく生きて
命を継いでいく人達

これ、日本の話
何もできないけど、日本の現実を知ってほしいと思う

見てきた
懐かしな〜
近所で育ったので
子供の時の事を沢山思い出した

道にクレヨンで書いた事
近所の子が電柱に縛られてた事
自転車で何処までも行けると思った事
文化住宅に遊びに行った事
(映画では綺麗でビックリ)
子供だけで暮らしてる友達が何人も居たこと
(親は長距離ドライバーや、
飯場勤務でたまに帰ってくる)

そして、お金がなくても生きていけると
思ってる事

ビックイシューやピープル・ツリーを
支援するのは、「見てきた」からかも?
子供達が綺麗な服着てるから
一見してわからなくなってる
けど、
生命力に溢れた町だな〜〜〜
困ったら「助けてくれ!!!」と言え
助け合える社会が理想

映画『さとにきたらええやん』


**********************************************