LOHAS Life〜身体は答えを知っている 〜

種取物語 あまつち ふぁ~む  身体の答えを聞く【キネシオロジー】種 健康 癒 食 気 旅 環境。。。。

生活クラブ 生産者交流会 みついし昆布

みついし昆布㈱http://www.yorokonbu.com/index2.html

生活クラブ 生産者交流会で、みついし昆布さんと色んなお話ができました~
「昆布ほど、ごまかしのきく商品はないと、同業者に言われながら、使う立場から、使いたいものを作る」との言葉。 女性だけで運営される会社ならではの「儲けより安心」を売る、みついし昆布㈱。

●昆布を一晩水につけたら、アンチエイジング水ができる
●昆布は10年持つ、非常時にはそのまま食べられる、口臭予防も
●命のあるものを使うと、値段は下がらない、下げるにはケミカルが必要
●市販の昆布パウダーは5等品の加工なので味がなく、アミノ酸を足している
●昆布酢が流行ったが、グルタミン酸ナトリウム50%、塩30% 
  (体にいいのか???)
●先代の社長が高値で売られ、変色している自社製品を見て、「卸はしたくない」と   細々と通販を始めた
●生活クラブとの取引歴が長く、組合員として発注して購入し、届く消費材を楽しみ   にし、検品している
テトラポットが配置され、収穫量が減った
●日高地方は昆布は天然、自然の力だけが頼り
●天日干しでの自然と共に生きる加工


最高級昆布の香りを皆で嗅いで「最高級昆布は落ち着く」事がわかりました、
日本人の心落ち着く香りの一つでしょう

商品社会ではなく、消費していく社会」との言葉の重みは
いいものを作り続けていきたい、との思いが感じられました。

男性は儲けを考え、女性は安全を考える」の話には
原発事故がイメージされました、、、、、

ヨード摂取を規制されている方(甲状腺の治療など)以外には、
昆布はいいことずくめですね
出汁を取った後にも、乾かして匂い消しや、つくだ煮にできます、
全調理で昆布を捨てることはなし!


昆布の消費が減っていて、幹物文化が引き継がれていないことは残念、
工され偽物になった便利なもので代用していては
文化継承はできないと思いました

運営さんが作ってくれた、昆布まきやサラダの美味しい食とお話。
楽しい時間でした
生産者のお話は何度聞いても、新たな学びがありますね
流通に乗る製品では、生産者の心意気は伝わりにくい、
===いいもの、適正価格で、買い続けることの大事さ===
を思い出すことができます。