LOHAS Life〜身体は答えを知っている 〜

種取物語 あまつち ふぁ~む  身体の答えを聞く【キネシオロジー】種 健康 癒 食 気 旅 環境。。。。

ベランダミミコン の土

ミミコンの土で苗床つくり♪
半年に一度の土の取出し! 
単なる箱のベランダミミコンから、土を出すのが半日仕事です。
それは、、、、、そのまま使うと
ワラジムシを大量に放出することになるから
 
 
 ベランダで土の取出し作業をすると、
ワラジムシが一緒に取り出されてしまい
家の中や、近所に散らばっていまいました。。。。
(窓開けて作業してたから。。。。)
何十匹も、部屋の中で発見したのを教訓に
ベランダ作業前に畑で天日干し!を作業に入れ
手間はかかりますが、虫ワールドを外に広げないためには
仕方ない。。。。
庭付きの広い家ならこんなことしなくていいのに
ベランダミミコンはスペースがない分、労力が必要になってます

土を箱の中でふるいにかけて袋にいれ、そのまま畑へGO!
ミミズ君や処理中のものは箱に戻して
黒土が手に入ります~ミミズ&虫たちに感謝(^v^)
(写真は天日干し中のミミコン土)

f:id:amatuchi:20200324091323j:plain




畑で干している間に、虫たちは畑に散らばり
循環の一部になってくれてるはず~

この土で春の育苗です。
ミミコンは秋の作業まで生ごみを入れるだけ!

コンポストは災害時やお正月等の収集が来ない時にも役立ち
真夏の生ごみが異臭を放つこともなく快適ですね~

ミミコン → 畑 → 食べる(市販品も) → ミミコン → 、、、
と循環していくと、
重金属や農薬や放射性物質
遺伝子組み換えが濃縮されていく気がする。。。
(GMは濃縮しないであろうが、何が起こるかまだ分かってないし)
なので、安全なものを選ぶことが重要になりますね~

持続させるためには種も自家採取していきたい
でも、これすごく難しい。。。。。苗買えば収穫できるのに
収穫できないことが多い。。。。つづく。。。。
 



ミミズコンポストから土を取り出す、半年に1度の時。

秋の植え付けシーズンになったので、ミミズコンポスト(ミミコン)から
土を取り出します。が、、、
ベランダで作業したら、部屋の中にワラジムシが
大量に侵入&近所に拡散して(@_@;)ってなったので、
今はミミズごと取り出して、袋に詰めチャリで畑に運んで(すんごい重たい)
、ミミズ君だけ取り出し、連れて帰ります。。。。
広い庭があればしなくて済む作業だけど、現状で「できない」って諦めずに、
できる方法を考えて、やってみる。
失敗を経験として楽しみながら、続ければいつかは何とかなるはず。。。。
と、小さなベランダを強引に
コンポスト+プランタースペース+乾燥場+ミニ太陽光パネル発電
でミニワールド制作中。 

水分が多くミミコンの土は、ふるいにかけられないので、
1匹ずつ拾い出して、濡れた新聞に入れて、帰宅準備。
ミョウガに集まっているミミズ達。
 
お家に帰りますよ~
(帰っても、数日はご機嫌斜めになります。動かされると気に入らないらしい
 なので、ミミコンが落ち着いたら、できるだけ触らずに過ごしたいのです)


**************************************************