LOHAS Life〜身体は答えを知っている 〜

種取物語 あまつち ふぁ~む  身体の答えを聞く【キネシオロジー】種 健康 癒 食 気 旅 環境。。。。

ミミズコンポスト


環境意識が高まっているようなので、
ミミズコンポスト(以下ミミコン)
について!

ベランダコンポストにミミコンを利用しているのは
○EMバケツは10年前に失敗した。。。
○ビート等が必要なものはランニングコストがかかる
ミミコンは畑に役立つ。。。。 から 

ミミコンは 小さなベランダの
ミニミニ循環社会が出来上がってます
 
 
1代目
リンゴ箱に中に虫よけのネット貼り
蝶番で木の蓋を止め、取っ手をつけ
蓋の下には虫よけのネットを置き、ネットの端は小枝で重しにして
ベランダに置いてた
 
ネットで買ったシマミミズ(土に居るのとは種類が違う)
新聞ごと箱へ移動、
この夜に大量脱走。。。。。
ストレスを受けると逃げるらしく、
逃げられないように細かい網を張りました 
土が入っているほうが、ミミズ君たちが快適と思い
2CMくらい土を入れました
 
断熱のために段ボールを中に入れて、新聞を割いてものをかけてます
(日当たりがいいんです。。。。)   
 
ミミズコンポストと言うと多くの方が
『いやーーーー!』って思われるようですが
ミミズがいないと人は生きられないと言われていて
地球上の土はすべてミミズの身体を通ったとも言われるほど
人にとって大事な生物です
生態についてわかってないことが多く、
ミミコンは失敗続きなのに情報がなく
数年がかりで安定したので、これから始める方の役に立つかもしれません
 
●ミミズをどうやって手に入れたか
 ネットで購入
袋に新聞紙と一緒に詰められたミミズ君たちを
一匹残らず巣箱に移すのが大変でした、
触れない人には勧められない。。。。。
唯一のご対面の時で、箱に入れてしますと見ることも無いですよ
明かりが嫌いだから、見えるとこにはいません

釣具屋の釣り餌もシマミミズですが、高いし、量が少なすぎる
 
●何処におく?
年間の温度差が無いほうがいいので
日陰がいいらしいが、台所の横が便利なのでここに置いたら
夏は暑くて、餌が腐敗しやすいのが難点
日当たりいいけど、
冬場は活動が鈍り処理が減る
 
●温度を調整
夏には白いカバー・冬には内部に枯葉(分解時に発熱)と
ダンボールを入れた
枯葉の分解は進まず、温かくはならなかった。。。。
ある程度土があれば冬は越せた(2回全滅させたけど)

●ミミズ君たちは甘いものが好きです
普段は土中にいるので見かけませんが、
甘いものをあげた時には、大喜びで寄ってきます(餌にですよ)
花・輸入果物 (強い薬が付着)
ケミカルは入れないよう気づかい
ミミズ君たちに被害があるのも困るし、
 自分に還ってくるので気をつけたのですが
夏、、、、野菜くずを入れすぎたようで腐敗して、全滅・・・・・  
再度ミミズ購入。。。。
『毎度ありがとうございます』って手紙が。。。。
 
  
思ったより水は不要なようで、最初に水をかけすぎ、
不快だったらしく大脱走されました。。。。ごめんよ~
表面にちぎった新聞が湿っている程度が快適で
土がべとべとになった状態は駄目なようです
 
すっぱいものは嫌い
痛んだものや腐敗したものには近寄らないようです
夏は腐敗がすすみやすく、冬は食が細くなる。。。
投入のバランスが難しい
ミミズ君サイズにみじん切りにしてあげないと、
腐敗しますので注意です

なんでも入れてる
コーヒーかす(発芽抑制物質があるので完熟させる)
柑橘、玉ねぎなんでも入れる、微生物が処理してるのか
たい肥になってる
 
10日あげなくても絶滅しません。旅に出ても大丈夫ですが
出かける前に水分と腐敗しない程度の餌をあげてますよ

やっぱり天敵。。。。  
安定してきたら、ミズアブ発生
ミズアブは卵を産みつけ、蓋を開けたときに入ってくるので防ぎようがなく
こうなったら諦め、取り除くしかないです
害は無いのですが、大量にアブになったときの対処が出来ないことと
ミミズたちが嫌がるので、取り除くしかないようですね

しばらく生ごみを入れないようにしましたが、
数ヶ月経っても生きてました。。。
すごい生命力じゃ!
 
せっかく安定してきたのに。。。。。
仕方ないのでもう一箱リンゴ箱を貰ってきて、蓋をつけ網をはり
断熱用のダンボールを内部にいれてから
生ゴミを入れているザルを使って、ミミズ君救出のふるいかけです
 
既存の箱から一すくいをザルに入れ、新しい箱の中へふるい
土が移動できたら、ざるの中にはミミズ&アブの幼虫が残ります
ここからミミズ君だけを取り出し、新しい箱へ移動 
 
この作業を繰り返し、移動できたら完了。
箸でつまみ出すより早いですし
この時、土を取り出してしまってもいい
別箱が出来ないなら、新聞上でも、ミズアブを取り除ければいいです
久しぶりの対面になるミミズ君たちですが、この作業ができない方には
ミミコンは触れないですね、

虫の大量発生を見ると、チャボが欲しくなる
卵取れるし、虫はたくさんいるのに。。。。。
(子供の時、大阪市内のベランダで飼ってた!
今思うと無謀な親です(>_<))
 
どれくらい土が出来る? 
数年経っても、プランターが埋るほどの土は出来ず
完熟して使えるようになるまで何年かかるんだろう???
処理が間に合わないので、半分のゴミは借りた畑で堆肥化させてます
 
家庭菜園のためのミミコンなら数箱

家庭外からのゴミが必要になると思いますが
ごみ減量にはなりますよ

●出来た土を使う予定が無い。。。。
プランターを利用してない集合住宅の方は、土は邪魔ですね。
野菜を育ててみるのをオススメしますが
『プレゼント』ってのはいかがでしょう?
微々たる物ですが、どこかに寄付することはできますね
 
虫ワールドの巣箱。。。。  
今度はワラジムシが発生。。。。
こちらも『そうじやさん』のあだ名が付いている分解専門家達
土中のミミズたちと表面の虫達がすみ分けているので
そのままにしてます、分解倍増!!!??
快適なのか増殖していて、嫌いな方には見せられない状態です
 
今はコバエが発生してる。。。。酷くなるようなら土をかけて
ミミズ君以外に食べられないようにしますが、
土をかけると腐敗する恐れがあるので、考え中。。。
 
1年でも、いっぱいにはならないのですが
畑に移動しようと、土を出していたけど
ミミズが全くいない。。。。
 
木箱の中で大量発生中のワラジムシが分解してたのか????
どうやら、ワラジムシコンポストになってた。。。。。
分解されているから何でもいいのですが
ミミズがいなくなったのは3回目、、、、、
1回につき5,000円で購入して、1年くらいかな?
(処理したい量によりミミズの必要数は変わるけど)
 
しばらく、ワラジムシたちに処理を頼むことにします
(ポジティブな私♪)

●別の話
プランターに丸虫(関西弁のダンゴムシ)が発生したので
駆除しようと土を掘り返したら、丸まって巣穴?
らしいところに2匹ずついる。
大きい(オス?)と小さい(メス?)がぴったり収まっているので
『家族???』と不思議になりました
大きいのが2匹のペアは無かったので
『丸虫も家族単位で生活しているのか。。。。。』と考えてしまいました
が、発芽した葉っぱを食べつくされるので駆除し、小鳥の餌です!!!
循環して自然は周るのですから
 
丸虫の生態はわかりませんが、
プランターも、毎日来る小鳥達の餌場となり
小ワールドが完成しつつあります
すずめの夕食タイム!数羽がチュンチュンと遊びに来てますよ
 
 
 
 
 
 
 
 ミミコン
いい点
安定すれば、コスト不要
夏でも生ごみが腐敗しないので、収集日を待たなくてよい
自然農の畑に撒ける
(菌処理を畑に撒くと、 畑の微生物バランスが変わる)
処理途中でも、ゴミにできる
(菌処理コンポストで発酵失敗し、
悪臭で手が付けられなくなったことがある)
集合集宅でも使える(家はベランダにある)
ゴミが減る(生ごみを燃やす無駄使いの国。。。。)
ミミズ → 畑 → 野菜 → 自分 
と循環するので安全な食を考える
 
 
悪い点
他の虫が発生する(水アブ、コバエ、ワラジムジ。。。。)
虫が嫌いな人は扱えない場所を取る  
 
環境対策のゴミ処理考えてみてくださいね
『うちは集合住宅だから。。。。』って思われたら、
【キエーロ】【自然にカエル】ダンボーコンポスト、ぼかし処理、
自然乾燥(ベランダで乾かす)等々
方法は沢山あります(自家発電がない方には電気乾燥は勧めない)
自分に合った処理を見つけてみてくださいね!
 
庭があるなら、埋め込みコンポストが便利だと思いますが
積雪地域は冬使えない、雨の時不便、見た目が悪い。。。
(おしゃれなコンポスト画をある人に渡したので、実用化されれば
 広がると思う、、、いつの日か。。。。)
 
集合住宅でコンポスト使いたいけど悩み中の方は
色々調べて、実践されてみてはいかがでしょう?


一年でできた土は、片手の掌に載るほど
土は作れない、豪雨などで世界中の土が無くなってる。
土がないと、飢えるって知ってますか?

f:id:amatuchi:20191003174102j:plain

2代目

写真は2代目
新しい木で枠
ふた用に網
蓋との隙間にはパッキン材
虫対策された2代目です
 
小さな隙間から虫対策大事
 
****************************************************************