LOHAS Life〜身体は答えを知っている 〜

種取物語 あまつち ふぁ~む  身体の答えを聞く【キネシオロジー】種 健康 癒 食 気 旅 環境。。。。

地震の時に、、、

地震の時にしたこと
三脈(24時間内の危険予知法)をとって危険確認
○避難路確保(外部扉を開けた)
○倒れるものから離れる(一部屋ベットのみの部屋あり)
○揺れが収まりライフラインの確認(被害なし)
震源地確認(PCで)
原発が壊れてないかの確認

 

一般的じゃないようなので今回Upします

 

私は地震時、近隣被害が無い時には
阪神大震災は近隣被害があり、近隣安全確認が第一でした
停電していて、持っていたラジオからはのん気に音楽が流れていた、、、)
原発が壊れてないかの確認をします

壊れていたら、風向きを確認して、危険認識がされたら避難予定。

飛行場が動いていたら、できるだけ遠くへ行きます(海外でも)
飛行場が駄目なら、電車で風上へ
電車が駄目なら、買えればバイクで移動
(車が動かないことも阪神大震災で見てます)
バイク(母以外の全員が中型バイク免許保持)が駄目なら、
チャリ(普通の風なら被爆まで数時間ある)
移動が出来ないなら、引きこもり準備に入ります。
(目張りをし、植物を全部室内にいれ酸素の確保)

 

地震被害が無くても、被爆するから!!!

 

この先の人生を奪われたくないです。
だから、避難をすることを考えてます。
核廃絶といいながら『安全使用』の名の下に
広島の原爆の比較にならない、危険な原発がいたるところにあり
地震時にどれほど被爆するか、予想も出来ない現状を知らせない。。。。

 

防ぐ方法は原発停止以外にありません

 

『じゃーーすぐ止めればいいじゃん!』って思った方へ、、、

 

電気を沢山使う企業のもの買う。
電気を沢山使う
クリーンエネルギーを支援しない。。。。だから、原発が増えるんです!!!

 

さて、どこへ避難するか?
私は身体に聞いて決めると思います

 

先日UPした三脈法と
キネシオロジーで、自己判断で避難先を決めるでしょうね
一瞬の判断で、生死を分ける非常時には
信頼できるのは自分です

 

まず直感、次に体の答えを聞く。これが、私のサバイバル術です。
9月が危険と毎年言われてますが、毎年は防災グッツを買い足してます。
自己判断なら後悔なし♪♪♪ d(⌒O⌒)b♪♪♪


 

***********************************************************
追記
数年後、現実になるとは。。。。 
***************************************************
初めての方こちらから

amatuchi.hatenablog.com