LOHAS Life〜身体は答えを知っている 〜

種取物語 あまつち ふぁ~む  身体の答えを聞く【キネシオロジー】種 健康 癒 食 気 旅 環境。。。。

岡山県蒜山高原4

蒜山は昔、湖だったのが水が流れてしまい、盆地になったと言われてます
なので、珪藻土が発掘されていて、範囲がどんどん広がっている。。。。
いつかはなくなると思うけど、なくなるまで取り続けるんだろうな~
個人的には珪藻土コンロが欲しいのですが
蒜山では販売されてません。残念
 
昨日UPの古墳以外にも竪穴式住居跡があり、復元展示されてますが
移動できない家ですが、日本は土着・農耕民族なので当たり前ですよね
ですが、形はネイティブアメリカンの家と似ているな~と思いました
20190902190324
 
 
 
 
20190902190324
持続生活は資源を守ることが重要なので、
余っているもので家を作ることは重要ですね。
今、籾殻+漆喰住宅が広がりを見せてますが、
国内の木材で作れば、国産住宅ですね。いつか作ってみたいです。
 
古墳時代から人が住んでいた跡があるけど、冬は厳しい蒜山
どうやって生きていたんだろう?
食糧を備蓄しないと生きていけないと思う。
食器も必要だし、土器もいる
少しづつ、持続可能な範囲で必要なもの作り出したのでしょうが
無から作り出すことは大変です、
人が交流し新しいものや便利なものを見聞きして。文化が広がる、、、、
ネットもテレビもない時代に文化が広がるのは、人の声だけが頼りで
時代が進み、宿場町ができ、人が行き来するようになると
文化は急激に発展したと思います、間違えた情報もあったでしょうが、、、、、
 
どこかから伝えられた食器の作成は日本中で行われていたはずですが
今は数少ない、国産が数%と言われている、漆の産地でもあります
山に漆の木がたくさん植えられ、漆器が生産されてました。
安い食器が広がっていき、一時すたれましたが、再生産が始まりました
漆器は扱いが難しい、でも、良い食器を大事に使えば100年以上使用でき
補修も可能で、国産の木を使うことで、森林も維持できるのです。
森林を守りたいなら、国産の食器を利用してくださいね。
 
江戸時代あたりには旅人が増えると、色んな人もやってきて
家にあった絵は、絵描き(素人程度)が売りに来たので買ったもの
伊勢神宮のお札も売りに来たので買ったらしく
紙製品(仏像の絵やお札など)を売りながら旅している人が多かったそうで
売れないと行き倒れるので、売りに来たものはすべて買っていたようです
人助けらしい、、、、
私ならいらないもの買わないが、赤い羽根募金のようなものだろうか???
 
冬には劇団の一座が来て、宿泊所がない時代に
数か所の家に分かれて宿泊、上演もするが、村人の楽しみは
見たことのない他の地域の出来事や話だったようで
泊まった家に村人が集まり、色んな話をするのも
一座の仕事の一つだったと聞いてます。
 
電話のない時代に、どうやって行先を決めていたのか謎ですが
娯楽は、人と人の出会いや芸術文化・自然を楽しむことだけだったんですね
テレビが普及し、文化生活が減ったと感じているのは
テレビ世代の私の思い込みでしょうか?
 
先祖の文化を私たちは継いでいくことが
持続可能な世界への一歩
新しい世界を作り出すのも、一歩ですね
 
 
 
   

f:id:amatuchi:20200318181757j:plain

民家の庭先
 **************************************************